コインチェック事件に見る、仮想通貨と資金管理の意外なセキュリティホール

ペーパーウオレットベースのヒットアンドアウェイ取引は実現するか?

記事「国内仮想通貨取引所・販売所のセキュリティ対策一覧」では、各社のセキュリティ対策とりくみを一覧にしてみました。しかし、コインチェック事件では、コインチェック社が公開しているとおりのセキュリティ管理をしていないことがわかりました。ほかの取引所はどうなのか、と心配になります。

仮想通貨取引で常に取りざたされるのは、

1.取引量が急激に増えたときにサーバーがパンクする
2.取引所あるいはユーザーのデバイスがハッキングされて仮想通貨が盗まれる

という、2つの課題があるようです。

取引所が不具合を起こすと、いかなるセキュリティも効力を失う

鉄壁のセキュリティとは、コールドウオレットによる管理がいまのところ最適だといいますね。

ただ、ウオレットから通貨を出さないと、取引ができません。
手持ちの通貨を取引所にアップしたときに、取引所が停止してしまうと、通貨はおろか、預けた資金も何もかも引き出せなくなってしまうのです。

コインチェック事件では、NEMが盗難にあったのと同時に、コインチェックに取引用にアップした資金や別の仮想通貨も引き出せなくなった。
取引所がそのまま倒産してしまったら、凍結された資金や通貨がどうなるかはわからない。どちらかというと、清算のために取り上げられてしまうかもしれない。

仮想通貨には、ペイオフ制度のようなものはなく、ビットフライヤー(
https://bitflyer.jp)とコインチェックが何らかのハッキング被害による補償制度を保険で導入しているだけ。しかもそれらは「二重認証を導入していること」など、何個かの条件があって、ふるいわけされてしまう。全員に補償、ではないのすね。

補償はともかく、「凍結」を食らわないようにする手立てはないのだろうか。

必要なときにしか資金とコインを取引所にもっていかない環境づくりは可能か

コインと資金を取引所に保管する時間をなるべく短くする必要がありますね。
そして、購入したコインをどこに保管するかを決めなければなりません。

そのためには、

1.入出金が即時決済型でかつ無料であるといい
2.コインをすぐに引き出し、取引所にアップする環境
3.取引所からコインを引き出すのに手間取らない手続き構造

というような環境が必要でしょう。

だが、狙った金額まで下がってこない、あるいは上がってこなくて売り時・買い時を待っていることも多いです。出来高が少ないと、どうしてもこういうケースは増えてしまう。

4.流動性が高い銘柄にしぼりこまれる=その環境を提供する取引所?
5.勝負のための集中投資という選択が難しくなるかも

調べていると、入出金には手数料を課しているところがほとんどで、ある程度まとまったら動かす、というようなことにならざるをえないかもしれないです。

仮想通貨取引に必須のお財布機能で一番安全なペーパーウオレットはどうなんだろうか

コインチェック事件後、USBみたいなハードウオレットを持とう、という大合唱が繰り広げられています。

★Ledger Nano S 19300円 at Amazon

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー)at amazon 22500円

非常に便利ですが、対応する種類が限られるので、主にメジャー通貨を取引する人向けです。

一方、わたしはペーパーにしてしまう、という策を採用したいと思っています。

紙は燃えてしまう、とか、なくしやすい、という批判がものすごく多いのですが、どんな通貨もペーパーにすることは可能な点は見逃せない。それに

ペーパー化した仮想通貨を

「お札です」と思ったらどうなんでしょう?

お札をなくすなんてことは、人生のうち1度あるかないかではないですか?(そういう意味ではUSBチップもなくしてしまう、ということは少ないだろう)。

この保存法、そもそも仮想通貨じゃないよね?というツッコミになるが、いまのところ一番の安全策が、一番レトロな方法による、というのもアイロニーですね。

仮想通貨投資は、証券取引と違い、知識の外堀を埋めなければならないことが手続きレベルでたくさんありますね。あせらず、焦らず。

この記事にご満足いただけましたら、
おほめのクリック↓お願いいたします!


全般ランキング

にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。