ICO売り出し代行プラットフォーム・クリプトノモスの口座登録


レンタベリー(レントベリー:Rentberry)の購入は、ICO販売プラットフォームであるCryptonomos(クリプトノモス)で行うことになりますので、こちらに取引所で口座開設をしたのと同じように、口座開設をします。

この作業が成立する前提を記しておきます。

・国内の仮想通貨取引所で口座をすでに開設している
・その上でイーサリアムを必要額(=最低購入0.1イーサ送金手数料分)購入済みである
・そのイーサリアムをマイイーサウオレットに転送済みである(当然ですが、送金ガス分込みで)
ここにリストした内容がひとつでもわからない人は、準備が整っていません。自分でググって何件かのブログ記事を読み比べ、知識を身に着けてからでないと、虎の子のお金がどこかに消えてしまい戻ってこなくなるでしょう。

どっちみち、海外でICOに参加するというのは、イーサリアム建てで取引しないといけないケースがほとんどになるので、上記の環境は早いうちに整える必要があります!いざ出陣、というときのために、イーサリアムは価格動向を常に見ながら、仕入れできるよう指値を継続するといいですよね(そのかわり資金が取引所に貼り付けになるのでコインチェックみたいに人質に取られる覚悟が必要でもありますが)

では、前置きがながくなりましたが、登録手順を解説します。

機能はすべて、取引所と同じです。

その1:メールアドレスと名前を登録してオーソライズ

このあたりのプロセスは、国内取引所で口座開設をしたのと同じです。ひとまずは、メールアドレスと名前だけでOKです。

その2イーサリアムを入金する準備をする

このままでは0ディポジットなので、マイイーサウオレットからイーサリアムを必要な額だけ送金します。

注意)取引所から直接このプラットフォームに送る場合、もしちゃんと着金しなかったときに送ったという証明を取れない、という意見もあります(理論上は直接送金OKです)ので、マイイーサウオレットにいったん集めたイーサリアムを、ここに転送するのがベターだとわたしは考えています。仮想通貨取引の環境は、笑っちゃうくらいテキトーですので、その認識の上で「それでもいい」という方は直接送金してもいいかと。わたしはぜったいにやらない。

オーソライズ取ったあと、改めてログインしますが、そのときのログイン画面は、こんな感じになっています。募集中の最新ICOが一番上にリストされている感じです。

この「Rentberry」のらんの右上にマウスをスライドさせると。。。

赤く「BUY(買え)」というアイコンが出現します(緑で囲ったところ)w
これをクリック!

こういう画面が出てきます。

↑緑色で囲ったところが、イーサリアムを入金するボタンです。それをさらにぽちっとします。

この画面がでてきたら、真ん中にご自身のイーサリアム受取口座番号がでてきます。

これをコピーして、マイイーサウオレットの宛先らんにペーストする。

余談ですが、
取引所→マイイーサウオレットへの送金では、金額により手数料が取られる。だからイーサリアムの購入も、手数料を取られることを前提に指値をしないといけない

わたしはレントベリーで0.1ETH分買おうと思ったけど、ザイフからの送金分0.02ETHと、ガス代0.01含めて合計0.13ETHを買うことになった。


送金が完了すると、買い画面の「Buy」がアクティブになっているので、必要数量を記入して「Buy」を押すと、

買えた数のトークン、評価額などが書いてありますね。


この記事にご満足いただけましたら、
おほめのクリック↓お願いいたします!


全般ランキング

にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。