イーサリアムネットワークには9万近くのトークンが存在する

イーサリアムネットワーク上で2017年に年間1090個のdAppsと700種類のトークンが発行された、とイーサリアム分析会社Alethioのビジネスアナリスト・クリスチャン・クロウリー氏(Christian Crowley)がどこかに発表しました。元ネタの所在が不明で、この人が本当に報告を出したのかは定かではありません(LinkedInで本物がいることは確認しています)。

この記事をもとに、そのリストがどんなものなのかを探してみたいと思ったのですが、記事の所在が不明でしたので、どうしたものかと。しかし、簡易ですがリストできたので報告してみます。

ERC20の確認の方法

どのくらいあるのか、というのは、マイイーサウオレットの「トークン追加」か、イーサスキャンでトークン数を確認するのが妥当でしょう。

イーサスキャン
https://etherscan.io/tokens?

2018年6月現在、イーサスキャン上では88303トークンコントラクトをみつけた、と出ていますのでこれだけの数があることは確かです。

ただ、これらがICOになり、さらに上場していくかというと、すべてがそうではなく、ほとんどがテストケースで作ってみた、というようなものです。実際に上場までこぎつけている銘柄数は、506です。ICO中のものも入れれば、今月末には600にはなるのではないかと、いうところですね。

2018年6月現在のイーサリアムネットワーク上場銘柄一覧

アルファベット順に出してみました。わたしが投資したレントベリーも当然リストされています。1年後、イーサリアムネットワークで改めて銘柄数を集計すれば、なんとかさんがレポートしたみたいな「2018年には●●銘柄が上場!」というレポートをさもそれっぽく書けるな、と思いますw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。